明和キャンサークリニック

文字サイズ

文字色と背景色

0798-81-4552 (キャンサークリニック代表)

FAX: 0798-81-4562

  • メイン画像
  • メイン画像
  • メイン画像

患者様お問い合わせ

tel 0798-81-4552

医療機関様ご予約

tel 0798-47-1816

インターネットからのお問い合わせ

患者様お問い合わせ

tel 0798-81-4552

医療機関様ご予約

tel 0798-47-1816

インターネットからのお問い合わせ

放射線治療・PET-CT検査・シンチ検査の予約方法

理事長あいさつ

山中若樹

医療法人 明和病院
理事長 山中 若樹

明和キャンサークリニックの役割―がんを早期に発見して治す

この施設には1)がん治療装置としての高精度放射線治療装置、2)がん診断装置としてのPET-CT、3)脳疾患、骨転移や肝臓・心臓・腎などの臓器機能の診断に威力を発揮するシンチグラム診断装置があります。がんは死亡原因の第一位です。がん治療には切除、化学療法、放射線療法、免疫療法などがあります。しかし、がんの進行度と年齢の両者をバランスにかけた場合、できれば「体にやさしい治療」を誰しもが望むところでしょう。放射線治療は前立腺がん、乳がん、肺がん、子宮がんなど抗がん剤治療と並び、治療の手段として欠かせないものです。PET診断と同じく患者さんの負担は少なく、今後さらに増えていく診療でしょう。 明和キャンサークリニックが地域のがん患者さんの診療に寄与できれば幸甚です。

院長あいさつ

院長

明和キャンサークリニック
院長 河 相吉

私はこれまで、画像診断、IVRを実践し、この10年間はPETを用いたがん診療を中心に行ってまいりました。この度、クリニックの院長を拝命することになり、身の引き締まる思いを感じております。

シンチ検査は、各種の放射性医薬品を使用することにより、各臓器の状態、炎症や腫瘍の存在などを知ることができる機能画像です。コンピュータを駆使した解析法により血流や機能を数値で表わした指標が得られます。PETは、ブドウ糖代謝を可視化することにより、活動性の高い病変を明らかにし、特に悪性腫瘍の診断で有用とされています。これら核医学検査を、CT、MRIといった形態画像と融合することで、より詳細な診断が可能となります。
明和キャンサークリニックの診療を通じ、地域の皆様に役立てるよう、努力してまいります。

最善の医療を提供するための検査・治療機器

ELEKTA放射線治療装置 Elekta Synergy
エレクタ

明和キャンサークリニックの放射線治療は、IGRT用リニアックを用いて副作用が少なく、また、病巣部へ放射線を集中的に照射することが可能な放射線治療を行っています。

詳細はこちら

SIEMENSPET-CT検査装置 Biograph 16 TruePoint
シーメンス

PET-CT検査は放射線を出す性質をもったブドウ糖液を2cc注射した後に撮影する方法です。
正常細胞の何倍ものブドウ糖を代謝するがん細胞に集まったところを写すという原理のPET検査とCT検査を同時に行う検査です。

詳細はこちら

TOSHIBAシンチ検査装置 E.CAM Signature
東芝メディカルシステムズ

明和キャンサークリニックでは、様々なシンチ検査を行う事ができます。
認知症の診断をはじめ、パーキンソン病の診断、心臓の血流分布、腫瘍の検索、腎機能の測定、肝機能の評価など多様な検査ができます。

詳細はこちら