医療法人明和病院
医療機能評価機構認定病院、臨床研修指定病院、兵庫県がん診療準拠点病院

文字サイズ

文字色と背景色

0798-47-1767(代表)

FAX: 0798-47-7613

ナースアシスタントの業務内容

患者さまとお話ししたり、看護師と談笑したり、
みんなで同じ目的の仕事をしている充実感と、日々新しい感動があります。

ナースアシスタントは、患者さまの身の回りのお世話や、看護用具や医療機器を使いやすいように片づけるなど、看護師と一緒に患者さまの生活を支えています。

業務内容

ベッドメイキング

患者さまが入院して病室に案内され、これから生活することになるベッドのピーンと張ったシーツを見たら、 清潔で安全な環境に安心していただけるでしょう。
ベッドメイキングは通常2人で行いますが、他の業務で手が空かない場合には一人でも行います。 看護師の手が空いていれば一緒に行うこともあります。

器械の片づけ

血圧のモニターや体液を吸引する器械など、病院で使う機器も清潔が大切ですから、汚れがあれば取り除き、コード類は次に使うときに使いやすいように一本ずつ束ねます。看護師は機器がきちんと整理させて収納されてあることで速やかな仕事ができ、患者さまにも信頼と安心を与えます。

衛生材料・処置物品の補充

患者さまの処置やケアにはガーゼやテープなどの材料を使います。処置用のカートにはそれらの衛生材料が準備されてあり、看護師も使用のたびに補充しますが、さらにナースアシスタントも点検と補充を行います。
それにより、看護師だけでなく医師も、安心して処置・ケアを行うことができます。

看護師と打ち合わせ

ナースアシスタントもPHSを持って仕事をしています。仕事中に看護師に確認したいことはその場でPHSを使って相談します。 看護師も、急に依頼したい仕事があれば、ナースアシスタントの持つPHSに連絡をします。
このように、現場では常に情報交換、情報共有しながら仕事をしています。

看護師とナースアシスタントは一日に何度も連絡を取り合います。看護師と助手の連携が密であることが患者さまの入院生活の不便さを少なくできます。看護師も信頼できるスタッフがいるからこそ安心して患者さまの看護ができます。

患者対応

患者さまはナースアシスタントにも話しかけたり聞いたりします。わからないことは看護師に連絡し、看護師が対応します。 ナースアシスタントでもわかることには対応していただいています。
日常的な会話も患者さまから投げかけれらますが、患者さまにとって、医療以外の会話があることは生活の癒しになります。
ナースアシスタントも患者さまの入院生活を支えています。

その他の業務

ナースアシスタントの業務には、このほかにも、
車椅子の患者さまの移動を手伝ったり、ベッドへの昇り降りを手伝ったりするなど、患者さまの活動のお世話、
患者さまを外来受診や検査室にお連れしたり、お迎えに行ったりなど、看護師に代わっての患者さまの搬送(はんそう)、
患者さまの食事の配膳や下膳、お食事の介助、
患者さまの身体を拭くのを手伝ったり、長くお風呂に入れないには、看護師と一緒に介助浴槽でお風呂介助なども行います。
他にもたくさんの業務がありますが、いずれも患者さまの入院生活の不便さを取り除く、大切な仕事です。

仲間

一つの部署に複数名のナースアシスタントがいます。同じ仕事をする仲間といつも会話があります。
病院にはたくさんの職種があり、食事を作る人、掃除をする人、書類を扱う人、そのほかにも入院する患者の生活を支える 人がたくさんいます。職場は常にいろいろな人であふれます。

患者さまに直接かかわる業務は、みんなで定期的に練習をします。
教えてくれるのは看護師です。看護師から安全な方法を教わります。

採用情報