医療法人明和病院

医療機能評価機構認定病院、臨床研修指定病院、兵庫県がん診療準拠点病院

文字サイズ

文字色と背景色

お問い合わせ一覧

平成27年度 病院指標

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 733 355 345 401 639 749 1635 2254 1593 337
平成27年4月~平成28年3月に当院の一般病棟を退院された患者様の年齢階級別退院患者数です。
年齢区分は患者様の入院時の年齢を基準としています。
全退院患者数は9,041名で、平均年齢は59.6歳となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 142 14.4 14.34 2.1 67.1  
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 92 21.8 15.35 0 65.5  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 79 11.4 10.93 1.3 76.1  
内科では肺炎の患者さんが最も多くなっています。
特に高齢の患者様は重症化しやすいため、在院日数が長くなる傾向があります。
2番目に多いのは2型糖尿病による入院です。
血糖コントロールのための教育入院が多く、その他感染症に伴う高血糖や低血糖による入院もあります。
3番目は胆管結石・胆管炎といった胆道疾患となっています。
胆石や総胆管結石で胆管が詰まって炎症を起こすなどが典型的な症例で、胆管をチューブで広げる、結石を除去する、膿瘍を取り除くなどの治療が内視鏡を用いてもしくは経皮的に行われます。
尚、大腸ポリープや大腸腺腫に対する内視鏡切除についても多く実施(227件)しておりますが、DPCの対象外となっていますので、当リストからは除外しています。
詳細につきましては診療科別主要手術別患者数等をご参照下さい。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 125 7.4 6.17 1.6 0.0  
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 118 6.5 5.72 0 3.6  
110380xxxxxxxx 体液量減少症 50 5.4 9.18 0 3.6  
新生児疾患(新生児黄疸、感染症、呼吸障害、哺乳障害など)が1位となっています。
当院にて出生した新生児がほとんどを占めています。
2位は肺炎や急性気管支炎などの呼吸器感染症、3位は脱水症となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 147 9.4 9.02 0 72.8  
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 120 13.8 11.98 2.5 74.0  
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 処置26あり 定義副傷病なし 82 2.9 4.51 0 70.1  
当科では肝臓・胆道・膵臓、消化器官疾患を中心に治療を行っています。
ここでは肝臓癌に対する治療症例が上位2位を占めています。
当科の肝臓癌診療は、手術不能例(ラジオ波焼灼、エタノール注入、肝動注療法、肝動脈塞栓術)から手術可能例まで幅広く、肝癌診療ガイドラインを参考に横断的会議(内科・外科・放射線科・病理)により治療方針を決めています。
1位と2位はそれぞれラジオ波焼灼術・肝動脈塞栓術の症例となっています。
3位は直腸癌に対して化学療法を行った症例です。
この症例は分子標的薬といわれる抗がん剤が投与されています。
分子標的薬とは病気の細胞(がん細胞など)の表面にあるたんぱく質や遺伝子をターゲットとして効率よく攻撃することによってより安全に、より有効に病気を治療する目的で開発された薬です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 147 13.5 11.98 0.7 26.5  
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 120 26.4 28.70 47.5 82.1  
160620xx97xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) その他の手術あり 105 11.7 8.51 0 25.3  
当科では膝関節外科およびスポーツ整形外科には特に力を入れており、1位と3位は共に膝の外傷(主に前十字靭帯損傷と半月板損傷)に対する手術を行った症例が占めています。
クラブ活動などのスポーツ中に怪我をされたケースがほとんどのため、若年層の方が多く、比較的短期間の入院で自宅に帰られる傾向が見られます。
2位は大腿骨骨折に対して手術を行った症例です。
こちらは平均年齢からもわかるとおり、高齢者が転倒されて大腿骨を骨折される例がほとんどです。
在院日数は比較的長くなるケースが多く、自宅への退院が無理な場合には回復期リハビリテーション病院や療養型病院へ転院されることもあります。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 18 4.2 5.86 0 30.6  
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 11 2.2 6.84 0 47.9  
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 処置2なし 9 5.1 3.54 0 67.9  
1位は顔面損傷に対して手術を行った症例です。
一番多いのが鼻骨骨折で、その他には頬骨骨折、眼窩骨折があります。
2位は皮膚腫瘍であり、切除した腫瘍については良性腫瘍が悪性腫瘍かを判別するために病理組織検査を行います。
3位は眼瞼下垂(がんけんかすい)に対して手術を行った症例です。
眼瞼下垂とは、まぶたを持ち上げる筋肉の力が弱まり、十分に目が開かなくなる状態のことです。
先天性と後天性のものがあり、後天性のものは加齢によるものが多いです。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx02xxxx 分娩の異常 骨盤位娩出術等 86 7.5 6.51 0 31.5  
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 45 8.5 6.50 0 43.4  
120140xxxxxxxx 流産 33 2.6 2.34 0 31.9  
1位は分娩異常に対する手術で、微弱陣痛によりお産が進行しない場合や胎盤機能不全で胎児の心音が急激に低下した場合などに吸引分娩を行った症例および分娩時に発生した裂創に対して縫合を行った症例が含まれています。
2位は良性卵巣腫瘍に対する腹腔鏡による手術です。
当科では、ほぼ臍に収まる小さな切開1箇所で手術を行う単孔式腹腔鏡での手術も行っています。
3位は流産に対して処置を行った症例です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 23 8.2 7.99 0 69.0  
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 16 10.6 8.62 0 62.4  
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 8 10.3 7.87 0 69.4  
眼科の入院はほとんどが手術目的となります。
症例数としては白内障が最も多く、718件実施していますが、DPCの対象外となっていますので、当リストからは除外しています。
詳細につきましては診療科別主要手術別患者数等をご参照下さい。
それ以外の症例として多いのは黄斑変性(黄斑上膜・黄斑円孔など)や糖尿病性網膜症などの網膜・硝子体疾患となります。
これらの疾患は白内障とは異なり、放置すると失明の危険性がある重篤な疾患です。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 63 7.3 8.20 0 16.0  
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 35 1.1 3.28 0 5.3  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 25 4.8 5.31 0 66.6  
最も多い症例は慢性扁桃炎で、口蓋扁桃摘出術やアデノイド切除術を行う患者様となっています。
平均年齢は16歳となっており小児期の患者様が6割を占めています。
次いで多いのが滲出性中耳炎に対する鼓膜チューブ挿入であり、ほぼ全員の患者様が日帰り入院となっています。
3番目に多いのが、めまい症です。こちらは比較的高年齢の方が多く、救急車で搬送され検査・治療を受けられるケースが半数程に達しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 10 7.9 8.97 0 62.4  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 6 8.2 11.97 0 50.5  
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く。)、その類症 2 8.0 7.19 0 29.5  
1番目に多い帯状疱疹は、痛みを伴う紅斑や水泡を症状とする疾患ですが、早期診断・早期治療を行わないと潰瘍となり、瘢痕を残したり疱疹後神経痛が持続する可能性が高くなります。
汎発性帯状疱疹や眼瞼が腫張することの多い顔面の帯状疱疹では、後遺症を残さないように入院加療を行っております。
2番目の急性膿皮症は蜂窩識炎です。
高熱を伴ったり、外来治療では十分な治療を行う事ができない患者様に入院治療を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 49 7.4 7.59 0 73.6  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 40 4.1 5.91 0 62.3  
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 36 11.6 12.60 0 76.4  
1位は膀胱癌に対する経尿道的切除手術、2位は尿管結石・腎結石に対する経尿道的結石除去手術となっています。
経尿道的手術では腰椎麻酔若しくは全身麻酔を行い、尿道から手術用内視鏡を挿入して腫瘍や結石を取り除きます。
3位は尿路感染症で、半数以上が急性腎盂腎炎の症例です。
高齢者がかかりやすい病気のため、平均年齢は高くなっています。
尚、泌尿器科では前立腺癌の疑いに対しての検査入院(前立腺針生検)の患者様が最も多いのですが、DPCの対象外となっていますので、当リストからは除外しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 109 2.7 3.07 0 70.3  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 87 18.4 18.30 3.5 83.3  
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 75 4.2 4.87 0 71.8  
狭心症などに対する治療前・治療後の心臓カテーテル検査のための入院が1位となっています。
心臓カテーテル検査とは、手足の動脈からカテーテルと呼ばれる細い管を心臓の血管の入り口まで送り込み、カテーテルの先端より造影剤を注入して、心臓の筋肉に血液を送っている血管(冠状動脈)の狭くなったり、詰まったりしている部分を写し出す方法です。
2位は心不全の治療となっていますが、心不全の患者様の平均年齢は80歳を超え、後期高齢者の患者様が多くなっていることがわかります。
3位は狭心症などに対して心臓カテーテル治療を行った症例です。
心臓カテーテル治療は、手足の動脈からカテーテルと呼ばれる細い管を入れ、バルーン(風船)やステント(筒形で網状の金属)、ロータブレーター(高速回転するオリーブ型のドリル)などを使って、狭くなったり、詰まったりしている冠動脈を広げる治療法です。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 19 6.4 11.17 0 73.4  
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 15 37.3 17.69 0 63.5  
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 9 58.1 36.93 0 73.7  
当科では主に多発性骨髄腫、骨髄異形性症候群、急性・慢性白血病、悪性リンパ腫などの悪性血液疾患に対しての治療を行っています。
治療内容としては化学療法が主なものとなっており、上位3位全て化学療法を行った症例となっています。
乳腺・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 22 7.2 6.79 4.6 62.1  
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 20 11.8 11.63 0 61.5  
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 14 2.1 4.66 0 49.2  
当科では乳癌や甲状腺腫瘍の治療を行っています。
症例数としては乳癌の占める割合が大きくなっています。
乳癌の治療に関しては手術・放射線治療・薬物治療から適切な治療法を選択し、根治性と患者様の生活の質を高めるよう努めています。
上位2位は外科的切除術(乳房温存手術)を行った症例で3位は薬物治療(化学療法)を行った症例です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 60 7 15 22 12 22 1 6
大腸癌 45 25 46 29 48 49 1 6
乳癌 23 21 6 11 1 15 1 6
肺癌 1 1 2 13 5 5 1 6
肝癌 19 19 21 19 7 184 1 6

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

・5大癌と呼ばれる、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発の病期(ステージ)分類別、および再発に分けて集計しました。
・集計期間内に複数回入院しても1例とカウントしています
・実患者数であり延べの入院数ではありません
・当院において、癌の診断、初回治療を行った場合を「初発」とし、当院または他院で初回治療が完了した後に当院で患者様を診察した場合や、再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を「再発」としています。
・病期分類はUICC 病期分類(第6版)に基づいています。

初発例に関しては大腸癌が最も多く、次いで胃癌となっています。
再発例に関しては肝癌が最も多くなっています。
このように当院は特に消化器系の癌治療を多く手掛けており、これらの治療にあたっては、患者様や癌の状態に合わせて内視鏡治療・腹腔鏡手術・開腹手術・抗がん剤治療・放射線治療など幅広い対応を行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 57 11.1 49.2
重症度 1 42 19.3 80.7
重症度 2 33 18.1 82.5
重症度 3 10 10.1 81.5
重症度 4 2 28.5 83.0
重症度 5 0
不明 4 5.3 74.8
入院のきっかけとなった病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎(誤嚥性肺炎・インフルエンザ肺炎・ウイルス性肺炎を除く)であって、市中肺炎(入院発症後の肺炎を除く)の患者様が対象となります。
日本呼吸器学会「成人市中肺炎診療ガイドライン」による肺炎重症度分類(A-DROP)の定義に基づき、入院時の状態から重症度を決定し、それぞれの患者数・平均在院日数・平均年齢を示しています。
重症度の数字が大きくなる程、重症であることを表しており、平均年齢が高くなるにつれ重症度が高くなる傾向にあることがわかります。
脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 2 4 73.5 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 0
I63$ 脳梗塞 18 47.9 82.5 22.2
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 0
医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者様を対象として、患者数・平均在院日数・平均年齢・転院率を示しています。
「ICD10」とは、疾病及び関連保健問題の国際統計分類です。
WHOによって公表された分類で、死因や疾病の統計、診療記録の管理などに活用されており、疾病の種類をアルファベットと数字によって表しています。
脳梗塞を発症された患者様には早期にリハビリテーションを開始し、早期退院につながるよう努めております。
急性期の治療が終了したのち、ご自宅への退院が困難な患者様についても継続加療を行えるよう、他施設との連携体制確保にも努めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 227 0.3 1.3 0 66.3  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 79 1.8 15.8 3.8 77.5  
K654 内視鏡的消化管止血術 64 1.2 15.2 4.7 70.1  
【各科共通】
診療科別に手術件数の多い順に上位3術式について、症例数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
なお、症例数が3以下の症例は除外しています。
Kコードとは手術方式の点数表コードを表しています。

内科では、大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術を最も多く行なっております。
ポリペクトミー(ポリープ切除)目的の短期入院です。
次いで、胆石や胆管癌などの胆道疾患に対して行われる手術である内視鏡的胆道ステント留置術の症例数が多くなっております。
狭くなっている胆道にチューブを挿入して拡張し、胆汁の流れを良くする手術です。
また、当科では吐血の症例も多いことから、内視鏡による消化管止血術も多く行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管)(その他) 139 1.1 11.7 1.4 74.8  
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 101 0.1 1.2 0 68.3  
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(その他) 98 1.4 7.0 0 72.1  
外科では肝癌に対する血管塞栓術とラジオ波焼灼術が1位と3位を占めています。
血管塞栓術は、がんに栄養を運んでいる血管を人工的にふさいで、がんを“兵糧攻め”にする治療です。
また、ラジオ波焼灼術は体の外から特殊な針をがんに直接刺し、通電してその針の先端部分に高熱を発生させることで、局所のがんを焼いて死滅させる治療法です。
2位は大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 96 3.0 19.1 34.4 75.2  
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 82 0.5 15.0 0 25.3  
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 前腕、下腿 75 0.3 1.3 1.3 31.1  
大腿骨頚部骨折に対する手術が1位となっています。
高齢者が転倒されて大腿骨を骨折される例が多いため、平均年齢も高くなっています。
2位は膝前十字靭帯損傷に対する手術で、若年層がスポーツ中に怪我をするケースが多いため、平均年齢は低くなっています。
3位は抜釘手術です。
骨折手術の際には金属製の器具を用いて骨折部を固定しますが、抜釘とは骨折部が完治した後にその器具を取り除くことをいいます。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0021 デブリードマン(100cm2未満) 14 11.9 51.7 7.1 61.9  
K333 鼻骨骨折整復固定術 11 0.9 1.5 0 26.5  
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 9 0.3 1.9 0 43.7  
1位は難治性の糖尿病性皮膚潰瘍や褥瘡などの壊死組織を除去し、植皮を行った症例です。
2位は顔面外傷の中で鼻骨骨折に対する整復固定術となっています。
外傷などによる急性損傷に対しては当科がファーストコール医として初期治療に当たっています。
3位は母斑・粉瘤などの皮膚の良性腫瘍の切除です。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 63 1.0 6.7 0 42.8  
K8961 会陰(腟壁)裂創縫合術(分娩時)(筋層に及ぶ) 57 0.5 5.9 0 31.6  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 43 1.0 2.9 0 41.8  
良性卵巣腫瘍に対する腹腔鏡による摘出手術が1位となっています。
卵巣腫瘍手術に対しては単孔式による腹腔鏡手術を取り入れています。
2位は分娩時に発生した裂創に対するものです。
3位は子宮頚部異形成に対する切除術です。
この症例はDPCの対象外となっていますので、上記診断群分類別患者数等のリストからは除外されています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 718 0.1 1.1 0 73.7  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 49 1.5 7.7 0 67.4  
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 4 0.5 4.3 0 79.3  
白内障に対する手術である水晶体再建術が大多数を占めています。
日帰り入院による手術も行っており、安全な白内障手術を待ち時間なしで提供できるよう目指しています。
続いて黄斑上膜・黄斑円孔や増殖性糖尿病性網膜症などへの硝子体手術となっています。
硝子体手術は最新の手術システム取り入れ、低侵襲で安全な手術を実践しています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 59 1.1 5.5 0 16.6  
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 43 0.2 0.8 0 5.3  
K370 アデノイド切除術 27 1.0 4.8 0 6.1  
最も多い症例は慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術で、次いで多いのが滲出性中耳炎に対する鼓膜チューブ挿入です。
3番目はアデノイド切除術となっており、口蓋扁桃摘出術と同時に行われる例が多くあります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 64 1.5 5.0 3.1 68.7  
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 28 1.2 5.1 0 74.1  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 22 1.0 2.2 0 61.5  
尿管結石や尿管狭窄に対する尿管ステント留置、膀胱悪性腫瘍に対する切除手術、尿管結石や腎結石に対する結石除去については、内視鏡下で行われる侵襲性の低い経尿道的手術が上位を占めています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 65 2.9 3.5 3.1 72.0  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 36 4.2 8.3 5.6 71.8  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 15 0.0 17.1 0 73.5  
循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術が1位と3位を占めています。
経皮的冠動脈ステント留置術は心臓カテーテル治療の一種で、手足の動脈からカテーテルと呼ばれる細い管を心臓の血管の入り口まで送り込み、心臓の筋肉に血液を送っている血管(冠状動脈)の狭くなったり、詰まったりしている部分にステントと呼ばれる金属製の編み目あるいはコイル状のものを血管の内側から支えとして留置するものです。
2位の四肢の血管拡張術についても主に下肢動脈の細くなったり、詰まったりしている部分に風船のついたカテーテルを入れ、風船をふくらませて血管を広げたり、ステントを留置する手術です。
いずれも体への負担が少ない治療法となっています。
乳腺・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術)(腋窩部郭清を伴わない) 24 1.0 14.3 4.2 61.5  
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術)(腋窩部郭清を伴わない) 13 2.0 9.9 7.7 67.5  
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術)(胸筋切除を併施しない) 12 6.7 13.0 0 62.8  
1位から3位までを乳癌に対する切除術が占めています。
それぞれの患者様ごとの状態に応じて術式が選択されます。
また、当院形成外科とも連携して乳房再建も積極的に行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 5 0.06
異なる 14 0.15
180010 敗血症 同一 22 0.24
異なる 23 0.25
180035 その他の真菌感染症 同一 2 0.02
異なる 3 0.03
180040 手術・処置等の合併症 同一 30 0.33
異なる 4 0.04
臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、重篤な疾患である敗血症、播種性血管内凝固症候群、その他の真菌症、手術・処置等の合併症について発症率を集計しています。
医療資源を最も投入した病名と入院のきっかけとなった病名が同一かそれ以外で件数を集計しています。
外傷による肝損傷や膵損傷、膵がんや大腸がん、胃がんなど消化器系の大手術後に血液の凝固に異常をきたす播種性血管内凝固を起こす場合があります。
また、さまざまな感染症などから血液に病原菌が入り、敗血症になることがあります。
手術・術後の合併症は、術創部の感染や出血、血管内留置カテーテルの感染や閉塞、透析シャント狭窄などがありました。

更新履歴
2016年9月30日現在

 
2016年9月30日

病院のご案内