ごあいさつ

スポーツをしていると不運にもケガ・傷害にみまわれることが多々あります。
当施設では、受傷からスポーツ現場復帰までサポートするために、ドクター、理学療法士、アスレチックトレーナーが連携し治療に携わっています。
われわれの環境を利用し、選手が早期にスポーツ復帰されることを願っております。

最新のスポーツ医学に基づき、トップアスリートからスポーツ愛好家まであらゆる競技レベルの選手に対し、競技種目に見合った最高の治療を提供することを目標としています。長年培った経験を生かして、選手の立場にたった最善の対策を講じていきます。

また全身を診ることで、症状が出ている部位だけではなく今後傷害やケガが発生する可能性がある部分もチェックし、「故障しにくい身体作り」のお手伝いをしていきます。

理念・基本方針

一般的な整形外科では、日常生活への復帰が治療のゴールであるのに対し、スポーツ整形外科では、元のレベルのスポーツへの復帰がゴールとなります。ゴール設定が違うために、スポーツ整形では一般とは異なったアプローチが必要となります。

早期復帰を目指すために・・・

手術では、周囲の正常な部分を極力傷つけないように、ケガをした部分のみ治療するためにほとんどが関節鏡手術になります。

リハビリでは、超早期より積極的にリハビリが介入して早期復帰を目指します。

アスレチックリハビリとは

スポーツ人口の増加に伴いスポーツによる様々な怪我が発生しています。

スポーツ傷害は、一度の外力によって生じる「外傷」と、度重なるストレスによって引き起こされる「障害」に分けられます。「外傷」とは,骨折に代表されるスポーツ中に生じるケガのことで、大きな力が一回加わることによって急に生じます。対して「障害」とは、野球肘に代表されるスポーツによって繰り返される負担が積み重なって痛み等が生じた状態のことです。

アスレチックリハビリテーション(以下、アスリハ)とは、これらの「外傷」・「障害」に対して、専門の理学療法士とアスレティックトレーナーがスポーツ整形外科と連携して治療をしていく施設です。スムーズなスポーツ復帰を目標に、患部のみならず全身のケア・トレーニングも行います。

【運動療法とは】
理学療法士やアスレチックトレーナーによるチェックを行い、選手個人個人に最適な運動プログラム(ストレッチや筋トレなど)を指導します。
なお、リハビリを受けられる方は、ジャージや運動靴など動きやすい服装でお越し下さい。

【スポーツ障害に対して】
「どのように痛みが出てきたのか」を考えた上で動作から痛みを引き起こした原因を探します。理想的な動作に近づけることで今後の障害予防に繋がります。必要に応じて動画を撮影し動作を確認しながら改善を図ります。

再発予防を踏まえて「どの時期にどこまでしていいのか」ということを、回復状況に応じて復帰計画を立てていきます。

診療実績

2013年
(7月までの実績)
●関節鏡手術...169例
●前十字靭帯再建術...70例
●半月板縫合(単独)...14例
●半月板切除(単独)...16例
●肩関節鏡...28例
2012年
(通年)
●関節鏡手術...249例
●前十字靭帯再建術...92例
●半月板縫合(単独)...28例
●半月板切除(単独)...14例
●肩関節鏡...22例
●足関節鏡...3例
●肘関節鏡...2例