明和キャンサークリニック

文字サイズ

文字色と背景色

0798-81-4552 (キャンサークリニック代表)

FAX: 0798-81-4562

  • メイン画像
  • メイン画像
  • メイン画像
  • メイン画像

患者様お問い合わせ

tel 0798-81-4552

医療機関様ご予約

tel 0798-47-1816

ご予約はこちら

患者様お問い合わせ

tel 0798-81-4552

医療機関様ご予約

tel 0798-47-1816

ご予約はこちら

放射線治療・PET-CT検査・シンチ検査の予約方法

理事長あいさつ

山中若樹

医療法人 明和病院
理事長 山中 若樹

明和キャンサークリニックの役割 ― がんを早期に発見して治す

この施設には以下の診療機器があります。

  1. 1. がん治療装置としての高精度放射線治療装置
  2. 2. 温熱療法(ハイパーサーミア)
  3. 3. がん診断装置としてのPET-CT
  4. 4. シンチグラム診断装置:アルツハイマー病などの脳疾患、骨転移や肝臓・心臓・腎などの臓器機能の診断に威力を発揮

がんは死亡原因の第一位です。がん治療には切除、化学療法、放射線療法、免疫療法などがあります。近年では温熱療法の装置が開発され保険適用となっています。がんの進行度、全身状態、年齢などを総合的に考慮した場合、できればバランスのとれた「体にやさしい治療」を誰しもが望むところでしょう。放射線治療は前立腺がん、乳がん、肺がん、子宮がん、頭頸部がんなど抗がん剤治療と並び、治療の手段として欠かせないものです。温熱療法はそれらと組み合わせると、さらに効果を発揮します。PET診断と同じく患者さんの負担は少なく、超高齢社会では今後さらに必要性は高まっていきます。
明和キャンサークリニックががん患者さんのお役にたてれば幸いです。

注)温熱療法:がん細胞自身は熱に弱く、また、温熱刺激は免疫反応を高めます。これの性質を利用した保険治療法です。抗がん剤や放射線治療と組み合わせて治療すると一層の効果を発揮します。

院長あいさつ

院長

明和キャンサークリニック
院長 上紺屋 憲彦

明和キャンサークリニックの院長に就任いたしました上紺屋 憲彦と申します。2019年3月まで兵庫医科大学に勤務しておりました。

大学では放射線治療を中心に、診療、研究、教育に携わって参りました。これまでの経験をもとに、今後は地域の皆様により満足いただけるハイレベルな医療の提供を目指し、そのお役に立てればと考えております。

明和キャンサークリニックは現在、PET検査などを行う診断部門と、温熱療法や強度変調放射線治療(IMRT)、画像誘導放射線治療(IGRT)などの高精度放射線治療を行う治療部門があり、その内容やレベルは大学病院やがんセンターにも引けを取りません。
私はキャンサークリニック設計段階から参画させていただいています。

開院から5年、それぞれ優秀で人間味あふれる専門スタッフが育っております。高度先端医療は、ともすれば技術優先、ガイドライン優先に陥りやすいのですが、キャンサークリニックではハイレベルな医療を提供しつつ、患者さんに寄り添い、患者さんの声を聞き、一緒に考える医療を目指します。

最善の医療を提供するための検査・治療機器

ELEKTA放射線治療装置 エレクタ

明和キャンサークリニックの放射線治療は、IGRT用リニアックを用いて副作用が少なく、また、病巣部へ放射線を集中的に照射することが可能な放射線治療を行っています。

詳細はこちら

高周波温熱療法装置 / ハイパーサーミア

高周波によりがん細胞を加温し、がん組織だけを死滅させる治療法で、重篤な副作用がほとんど無いので身体の負担が少なく済みます。手術治療、化学療法や放射線治療等と併用しがん治療の効果を高めます。

詳細はこちら

SIEMENSPET-CT検査装置 シーメンス

PET-CT検査は放射線を出す性質をもったブドウ糖液を2cc注射した後に撮影する方法です。
正常細胞の何倍ものブドウ糖を代謝するがん細胞に集まったところを写すという原理のPET検査とCT検査を同時に行う検査です。

詳細はこちら

TOSHIBAシンチ検査装置 東芝メディカルシステムズ

明和キャンサークリニックでは、様々なシンチ検査を行う事ができます。
認知症の診断をはじめ、パーキンソン病の診断、心臓の血流分布、腫瘍の検索、腎機能の測定、肝機能の評価など多様な検査ができます。

詳細はこちら