医療法人明和病院
医療機能評価機構認定病院、臨床研修指定病院、兵庫県がん診療準拠点病院

文字サイズ

文字色と背景色

0798-47-1767(代表)

FAX: 0798-47-7613

教育内容

クリニカルラダー・レベル別研修〈平成28年度計画〉

クリニカルラダーのレベルに合わせて、集合教育を行っています。
ノバイス研修は必ず全員が受けられるようにしています。レベル1~4は、個人の自由意志で研修を選択できるようにしています。

ノバイス(初心者)

 
4月 新入職者オリエンテーション
5月 [感染]手指衛生を行う5つのタイミング
6月 スキンケア基本編
7月 4か月目フォローアップ研修
食事介助と口腔ケアの基本
8月 フィジカルアセスメント
[感染]職業感染対策
12月 9か月目ブラッシュアップ研修

e-ラーニング

  • 安全安心に実施できる注射法と採血法
  • 今どきのバイタルサインの評価法
  • 輸液管理とIN/OUTバランス
  • 見逃さない!心電図の異常波形
  • 基礎から学ぶ人工呼吸器管理

level 1

 
7月 オピオイドの種類と特徴
9月 スキンケア応用編

level 2

 
7月 QC活動について
9月 フレッシュパートナー研修

e-ラーニング

  • エビデンスから読み解く慢性心不全のマネジメント
  • 慢性呼吸不全のヘルスアセスメント

level 3・4

 
10月 コーチングスキル
12月 がん化学療法:ポート管理

e-ラーニング

  • 新人、中堅、転職者の職場適応
  • 地域包括ケアを意識した患者支援とは
  • 知っておきたい看護制度とその動向

ノバイス研修

新人オリエンテーション(入職後の6日間)

 
  • 医療従事者の心構え(医の倫理・看護倫理・患者の権利・接遇)
  • 医療安全管理(安全管理・感染防止策・医療機器・輸血)
  • 当院の看護体制(看護部の概要・クリニカルラダー・PNS)
  • 看護実践技術(看護記録・基礎看護技術)
  • チーム医療(クリニカルパス・医療チーム紹介)
  • 看護部の各部署紹介、師長・主任紹介
  • その他

基礎看護技術演習

 

体位変換、点滴プライミング・ミキシング、採血・注射、口腔ケア

現場に行く前の不安を少しでも取り除けるように、講義と実技演習を行います。

技術演習では各部署の看護主任と認定看護師が指導者です。ME機器は臨床工学士が指導者です。
オリエンテーションの期間後半に行います。このときはもう同期の仲間意識が芽生え、賑やかに楽しく演習しています。
関係領域の認定看護師は根拠をしっかり押さえ、看護主任は現場で培ったワザとコツを教えています。

N-95マスク(微粒子用マスク)の装着テスト

採血・注射の練習

鼻腔口腔吸引の練習
研修医も一緒に練習します

4か月目研修

 

入職して数か月を過ごすと、新人看護師はたくさんのことを経験し、喜んだり、落ち込んだり、悩んだり、さまざまな思いを抱きます。
それらを同期入職者たちで共有し、気持ちを新たにして前進することを目的にした研修です。

グループに分かれて、ワーク。入職時のオリエンテーション以来の濃厚な時間を共有します。

ワークではこんなに元気なまとめがたくさん出てきました。

ワークが終了して、晴れやかで和やかな表情です。各部署の師長も参加してワークの発表を聞き、優しいコメントを送ります。

ノバイス4ヶ月目研修 K.N

4月に入職して4ヶ月目となり、7月10日に行われたノバイス研修に参加しました。
研修では、決められたグループに分かれてグループワークを行いました。入職してから今まで嬉しかったこと、落ち込んだこと、困ったこと、これからの目標など感じてきたことを各自メモに書き出し、それを基にグループごとで話し合い、画用紙や折り紙等を使って模造紙にまとめました。その作業が終わると、各グループが順番に前に出て、模造紙にまとめた内容を説明していきました。

私たちのグループでは、私たちは入職時の自分たちを赤ちゃん、現在の状態を看護学生、目標とする自分たちを看護師と例えて絵を描き、模造紙にまとめました。患者様からの感謝の言葉や、先輩から成長したと褒められたことが嬉しかったという意見が多く聞かれました。逆に、自分たちのケアの技術が未熟であったり、時間管理が上手くできないことに不安を感じ、そのことで先輩からも怒られて落ち込むという話が多く、全員で共感し、盛り上がりました。目標としては、看護技術を磨き、臨機応変に行動できるようになるという内容でまとまりました。私は、グループ内の話し合いや他のグループの発表を通して、配属された部署はバラバラでも、みんな自分と同じ様なことで困ったり、落ち込んでいたりしていると知り、自分だけではないと少し安心しました。この研修でノバイスの仲間と悩みを話し合い、共有することができ、これからも頑張っていこうと思いました。

フィジカルアセスメント研修(夏季)

 

看護主任会が企画・運営しています。
院内インストラクションルームで、フィジカルアセスメントモデル『フィジコ』を使って練習します。

ノバイス ブラッシュアップ研修

 

「入職時からの自分の変化を確認し、看護師としてのステップアップに繋げる」を目的に小グループに分かれ(7月の4カ月フォローアップ研修と同じメンバーで)行います。
4ヶ月フォローアップ研修は某ホテルを借りて、9ヶ月フォローアップ研修は院内会議室で行います。

ローテーション研修

 

卒後1年目の看護師が、医療・看護の見識を深めて看護師として成長できることを目的に、他部署の看護を研修する体制を敷いています。

新人看護師が自部署の看護に慣れ、部署特有の看護が理解できた頃に、視野を広げてジャンプアップできるように、平成21 年度から院内ローテーション研修を行っています。

目的

所属している部署以外の看護の実際を体験し、看護の視野を広げる

概要

対象者 今年卒業した1 年目の看護師です。外科系、内科系二つの部署を研修します。
研修期間 ひとつの部署の研修期間は2 週間です。合計4 週間が研修期間です。
研修場所 研修場所は希望の部署をマッチングで選びます。化学療法外来、手術室、透析室なども研修対象です。

研修プログラム例

内科・透析科混合病棟の場合の1週間

  午前 午後
担当看護師とともに行動。化学療法を受ける患者の本日の状態とデータチェック 治療計画、処方の確認
化学療法外来で診察を見学 化学療法外来担当看護師ともに行動 担当Nsとともに行動。レジメン確認 Vポート穿刺・抗がん剤暴露対策・廃棄物処理など
担当看護師とともに行動。急性症状の予防と対応 ラインフラッシュ・Vポート針抜去。記録
担当看護師とともに行動。透析患者の送迎・透析中の見学 化学療法薬剤指導の見学 担当看護師とともに行動
担当看護師とともに行動 1 週間の振り返りカンファレンス

ローテンション研修を終えた看護師の声

中3 M.M

ローテーション研修では、他病棟の特徴と看護を学ぶよい機会になりました。
内科病棟での自己血糖測定指導では、何種類かの測定機から患者本人に合うものを選んでいることを知り、外科病棟では術後の退院指導を患者の日常生活に合わせて行うことの重要性を知りました。
他病棟で研修することで様々な看護に気づくことができました。ローテーション研修は今の自分にとても大きな学びとなりました。

整形外科病棟 → 療養病棟 H.S

今回ローテーション研修では他部署に行く事で病棟により特性が違いを見て、新鮮な気持ちで取り組む事ができました。私は療養型病棟での研修を行い、普段経験出来ない様々な技術を見学・実施させてもらいました。療養型病棟では様々な診療科の患者様がいることに驚きました。一人ひとり疾患も違い、その上で個人を把握していくことや色々な観点から患者様を看ていく事の大事さを改めて感じました。そして、チームで情報を共有し患者様への看護の提供、カバーし合う事の大切さも学びました。そう思えたのは急変する患者様への対応でした。患者様の普段と比較し、スッタフがその変化に気づき、対応していく場面を見て、看護師の何かおかしいと気付く観察する力を身につけなければ、患者様の急変時に対応出来ないと感じました。私はまだ1年目で、まだまだ観察する力はありませんが、今回ローテーション研修で学んだことを活かし、日々患者様に接して観察し、基本的な技術や観察する力を身につけていきたいです。

レベル3研修

院内留学

 

ラダーレベル3の看護師が、自己のキャリア開発、専門性の強化を目的に、他部署の治療・看護を研修します。

平成27年度実績

平成27年11月~平成28年2月までの4日間

院内留学希望者は、習得したい看護・看護技術を明確にして希望部署での留学に臨みました。
研修場所は病棟、ER、OP室、検査室などで、自部署では経験できない看護を体験して見識を深めることができました。

2016年度 専門研修

開催月 テーマ 講師
7月 ドレーン管理 末武千香  皮膚・排泄ケア認定看護師/師長
8月 介護保険・診療報酬・他職種連携について 西田奈美  訪問看護認定看護師/師長
9月 化学療法の基礎知識と管理 秋吉由利子  がん化学療法看護認定看護師
10月 嚥下障害スクリーニングと絶食 土井美由紀  摂食嚥下障害看護認定看護師
10月 細菌検査・抗菌剤 西 真由美  感染管理認定看護師/師長
11月 ストーマケア基本編 森 知佐子  皮膚・排泄ケア認定看護師/師長
11月 オピオイドスイッチング 二宮由紀子  がん性疼痛看護認定看護師
12月 ストーマケア応用編 森 知佐子  皮膚・排泄ケア認定看護師/師長
1月 洗浄・消毒・滅菌について 西 真由美  感染管理認定看護師/師長
2月 放射線治療と看護 末武千香  皮膚・排泄ケア認定看護師/師長
4回/年 倫理研修ゼミ 末武千香  皮膚・排泄ケア認定看護師/師長

2016年度 全体研修

開催月 テーマ 講師
4月 PNS研修 市成小百合  看護部PNS推進委員長/師長
5月 看護必要度の評価・記録を学ぶ e-ラーニング
8月 看護診断 森知佐子   看護部記録委員長/師長
11月 看護診断 森知佐子   看護部記録委員長/師長
12月 PNS研修 市成小百合  看護部PNS推進委員長/師長
2月 倫理研修 末武千香  皮膚排泄ケア認定看護師/師長
2月 看護診断 森知佐子  看護部記録委員長/師長
2月 看護部QC発表会
3月 認知症看護 中島淳美  訪問看護センター明和看護主任

教育